便秘にいい体操

便秘の原因はいくつかありますが、その中の一つに筋力不足があります。
排便をする際にいきむ動作がありますが、この際に腹筋を使用します。
また、横隔膜を固定する筋肉の力も使うことになります。
便通を上手く出す為には、腹筋を鍛える運動が必要ということです。
人間は加齢に伴い、筋力は衰えていきます。
その為、日常的に体操などの運動を取り入れ、腹筋など筋肉を鍛えていく事が推奨されています。
そういった体操は便秘にいい体操として人気になっていますね。

体操の内容はというと、まずは立った姿勢で両足を広げて立ちます。
リラックスした状態で、手のひらを組み外側に向けます。
腰を持ち上げる体操も有効で、手を後ろに付き足を伸ばすと体が伸びた感じになります。
腰を持ち上げ、体が直線になるような大勢にし、10秒我慢します。
これを3セット行うと、腹筋を鍛える事が出来ます。
腹筋を鍛える目的は、便を筋力で体外に押し出す力を身につけることです。

他に腸を伸ばす体操として、正座からゆっくり後ろに体を倒す体操も有効です。
その後に両足を両手で抱えて腸を縮こませます。
この伸び縮みをする体操を何回か行うことで、腸を刺激し腸のぜん動運動を促してくれます。血行も改善されますので、便秘に対して有効な体操と言えますね。

この2つの腹筋を鍛える体操と腸の動きを活発化する体操を組み合わせて行うことで、便秘改善の体操となります。
どちらかでもいいですし、腹部のマッサージも同時に行うと効果的ですよ。